FC2ブログ

埼玉県さいたま市のリフォーム屋さんです!(さいたま市・川口・蕨・戸田・鳩ヶ谷・草加・越谷・蓮田~)都内・近県を中心に、内装(クロス・床)やキッチン・トイレ・お風呂・洗面台・給湯器の交換などのリフォームを行っています!

プロフィール 

リフォーム屋@ちよさん

Author:リフォーム屋@ちよさん
リフォームまごころサービスの千代反田です!まごころをモットーに、お客様の立場になりながら、いい仕事を目指してます!

最近の記事 

カテゴリー 

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

給湯器破裂そして雨漏り

みなさん こんばんは リフォームまごころサービスの千代反田です

本日は問い合わせいただいたお客様の

下見2件と比較的時間的に余裕が有りました

1件目のお客様のお家が立派で

建坪150坪ぐらいでしょうか

周りを見ても圧倒的に

1番立派な御宅でした。

最近立派な御宅からの依頼も多く

独立した当時は建坪100坪位あるとビビっていました

しかし、今では立派な御宅からの依頼が楽しみで

ワクワクします。

お客さんとの打ち合わせも終わり、

2件目の打ち合わせまで時間があったので

今やっている現場のゴミを難しに行きました

お家のなかには入りビックリ

新しく貼ったフローリングの上の養生が

水たまりのようになっていました

最初は何が起きているのか分からず

雑巾とバケツを持って水を拭きました

途中でどっからこの水は来ているのかと思い

ふと天井を見ました

なんと上から降ってきていました

梁のボードがびっしょりでF1002393.jpg
F1002396.jpg
早速お客さんに電話

上の階で漏水が発生しています。早く止めないと

大変な事にと

物件は賃貸マンションの7階

8階もお客さんが住んでいるのですが

いらっしゃらなく確認が出来ない

そこでさらに上の9階へ

なんとベランダにある給湯器が破裂し

水が出っ張なしでベランダがびっしょり

防水が劣化できいておらず,下の階に

漏れたのでした

F1002395.jpg
バルブを締めとりあえず水は止まり

おそらく凍結で配管に亀裂が入り漏水したのだと

おもいました.今年に入り配管破裂3件目

また経験してしまいました。

7階に戻りボードを壊して
F1002397.jpg
中を確認

開口し乾かす事に

人が住んでいない部屋はバルブを止めとく

そして給湯器の水を抜いておく、これを

しておかないと危険ですね、いい勉強になりました

現場もとりあえず落ち着き

2件目の打ち合わせに

2件目は建坪200坪クラス

また豪邸です。

立派なお家ですねと言ったところ

こんなの小さいお家で狭いんですけどね

と、お客さんが言っていました

この仕事をしていると

いろいろなお客さんからの依頼があり

普通という家の基準がよく分からなくなります

自分の感覚だと、建坪50坪位までが普通の家

60坪以上の家だと立派な家だなと感じます。

人によって普通という感覚が違いますので

なんとも言えないのですが

いろいろな家が見れる仕事で楽しんでます

リフォームまごころサービスでは、お客様の親身になって、ご希望に添えるようなリフォームをご提案

してまいります

詳しくは↓↓↓(分かりやすい料金表などありますので、ぜひ覗いてみてください!)
リフォームまごころサービスへ



にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ リフォームへにほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へにほんブログ村 住まいブログ メンテナンス(住まい)へFC2 Blog Ranking
リフォーム


壁紙クロス張替え職人



エアコン直販センター




















スポンサーサイト



2012/02/13 22:16|未分類TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://chiyo613.blog118.fc2.com/tb.php/274-5056c096

アクセス 

現在の時刻 

天気予報 

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

広告 

RSSフィード 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.